リュネビル法~レベル1~

23.4.2016

オートクチュール刺繍のリュネビル法、レベル1のレッスンは写真立てです。

 

 

メティエ(四角い刺繍枠)とクロッシェ(かぎ針)の使い方から布の張り方、注意点、

数種類のビーズ・パイエット(スパンコール)・パール・スワロフスキーを縫いつけていきます。

 

大切な基本的ステッチを学びます。

始めは難しく感じるかもしれませんが、少しずつクロッシェに慣れていただけると思います(^^)

 

全ての刺繍が終わったら、布の処理をしてから写真立てに仕上げます。

約20cm×26cmなのでやや大きめの写真立てでしょうか。

 

中に入れる写真は5種類の中から選べます。

セーヌ河から見えるエッフェル塔、色合いも可愛いロココなヴェルサイユ宮殿内など。

 

 

見本はパレ・ロワイヤルの緑のトンネル。

個人的にパリで1番好きな場所です。

留学時、ここを毎日通りたくてサントノーレにアパートを借りてルサージュに通ったほどです♪

毎日午前の授業を取っていたので、お昼は一度メティエを置きにアパートへ帰り、パレ・ロワイヤルでフランス人のマネをしてのんびりバケットサンドイッチを食べてコーヒーを飲みながらデザイン画を描いたり。

 

あっ・・なんだかパリに行きたくなってきました!

 

 

 

Please reload

最新記事

June 6, 2017

April 22, 2017

October 15, 2016

September 25, 2016

September 5, 2016

Please reload

    オートクチュール刺繍

     Sirène

      copyright Sirène 2016 all right reserved.

      掲載されたすべての画像のコピー及び転載を禁じます。