華道家である母の影響もあり、幼い頃から美しいものに心惹かれました。
糸で布に装飾を施す一般的な概念を超え、様々な素材を使用するオートクチュール刺繡の特徴、フランスならではの配色を生かす立体的な刺繍が得意で、

‘本物を身に着ける日常‘・‘特別な日の小さな宝物‘をコンセプトにしています。

レッスンではオートクチュール刺繡を広め作家を育てたいという思いがあり、刺繍針のみのマントゥーズよりも高度なテクニックのリュネビルが中心ですが、2種類の体験レッスンもございます。気軽にお問い合わせください。